素敵な発見!2015年1月14日

鉄道の街・松戸 駅長さんに聞きました! 松戸と我が駅の魅力(JR馬橋駅)

初めて、松戸市シティプロモーションの『まつどやさしい暮らし会議』に参加して、参加者全員で、松戸の魅力について話し合った時に、『松戸は鉄道の街だ!』と言う声が上がり、それがずっと気にかかっていました。あらためて松戸の地図を眺めてみると、5社・6路線・23駅。そして鉄道の車両基地が2つもあり、「あっ、本当に、松戸は鉄道の街だ」との思いを強めたのです。

そこで、松戸にある駅の、駅長さんを訪ねて、松戸の魅力や、その街のステキなところを、こっそりと教えて頂きました。

題して、タイトル名は、

『鉄道の街・松戸 駅長さんに聞きました!松戸と我が駅の魅力』です。

日頃、鉄道に乗られる方も、たまにしか鉄道は利用しないという方も、我々の足を支えてくれて、地元を温かな目で見守る、駅長さんの声を聞いてみてくださいね。


第一回目のご登場は、JR東日本 常磐線 馬橋駅の駅長 篠崎隆雄さんです。篠崎さんは、昭和62年4月、国鉄から、JR東日本に民営化された時から数えて、第12代目の駅長さんです。そして、松戸住民でもあるのです。そんなJR馬橋駅長の篠崎さんに松戸と馬橋駅周辺のとっておき情報をお聞きして来ましたよ(^^)/

PC226193-1280x960-300x225 PC226172-1280x960-300x225
写真/左:JR馬橋駅の隠れたお宝 手彫りの駅名看板前での篠崎駅長 右:JR馬橋駅東口から見た駅舎


質問①  駅長さんが考える我が街『馬橋』のキャッチコピーを教えてください?
『駅名の由来となった馬橋はいまも健在!水戸街道きっての古刹 萬満寺』

駅長のひと言解説
馬橋には、駅名の由来となっている「馬橋」が現在もかかっていて、水戸街道の面影を、いまに残してくれています。そして、萬満寺さんは、日本で唯一の中気除けのご利益があるとされ、現在でも、多くの参拝のお客様が訪れているのです。

PC246411 (800x600)PC246322-800x600-300x225
写真/左:橋の欄干が個性的な馬橋
写真/右:中気除けのご利益があると言われる萬満寺は多くの参拝者で賑わいます


質問②  馬橋駅周辺の駅長さんおススメのスポットを教えてください?

駅長のひと言解説
馬橋駅から徒歩15分くらい。新作にある、ちょっと京都を思わせる、美しい竹林はおススメです。この竹林は、普通に眺めても美しいのですが、真冬の雪の時に訪れても素晴らしいですよ。

118-800x600-300x225 ②-2-800x600-300x225
写真/左:陽光に輝く美しい新作にある竹林  右:雪の中での風情も素晴らしい新作・竹林


質問③  馬橋駅周辺の駅長さんおススメのランチまたはお土産のお店を教えてください?

駅長おススメのお店①  千福堂馬橋せんべい

駅長のひと言解説
私のおススメのお店の一つが、駅東口を出てすぐのところにある 『千福堂馬橋せんべい』さんです。よく駅のお土産として持って行くと、とても喜んで頂けるのです。シンプルなおしょうゆ味をはじめ、様々な味があり、どれも本当に美味しいのです。

住 所   :  松戸市馬橋1790
電話番号  :  047-341-0336
営業時間  :  9:00~19:40
定休日   :  不定休

駅長おススメ商品   馬橋せんべい
写真左から
・しょうゆ(1枚)/64円(税込)  ・ のり巻(1枚)/108円(税込)  ・ ごま(1枚)/54円(税込)

PC226178-800x600-300x225PC226176-800x600-300x225
写真/左:千福堂馬橋せんべい外観
写真/右:駅長さんおススメの『馬橋せんべい』。左から しょうゆ、のり巻、ごま


駅長おススメのお店②   山長餅菓子店

駅長のひと言解説
私のおススメのお店のもう一軒が、『山長餅菓子店』さんです。こちらには色々な餅菓子があるのですが、特におだんごは本当に美味しいですよ。おしょうゆのタレの「焼きだんご」、草もちの「あんだんご」、どちらも素朴な味があとを引いて、つい食べたくなってしまいます。

住 所   :  松戸市馬橋306-3
電話番号  :  047-341-6426
営業時間  :  6:30~19:30
定休日   :  月曜日(月曜が祝日の場合は翌日の火曜日)

駅長おススメ商品  おだんご
写真上から
・焼きだんご(1本)/64円(税込)  ・あんだんご(1本)/64円(税込)

PC246390-800x600-300x225PC246405 (1280x960)
写真/左:山長餅菓子店外観
写真/右:駅長さんおススメの『おだんご』。上/焼きだんご 下/あんだんご


質問④  松戸市で、駅長さんのお気に入りの場所を教えてください?

駅長おススメ松戸スポット
戸定邸

駅長のひと言解説
私の松戸の中でのお気に入りの場所は、松戸駅近くにある、小高い丘の上に立つ『戸定邸』です。明治17年に德川昭武(将軍德川慶喜の弟、11代水戸藩主)により建築された邸宅と庭園です。現在は、戸定歴史公園として多くの市民の皆さまに楽しんでいただいています。邸宅は国の重要文化財に指定され、庭園も千葉県の名勝にも指定され、間も無く、国の名勝に指定されます。明治時代の邸宅と庭園で、のんびりとした一日を満喫できます。 そして、季節ごとに移り変るお庭を鑑賞できるのも魅力の一つです。特に、春先に咲く戸定黄梅は必見です。このほかにも、松戸シティーガイドによる『戸定邸』の説明で魅力が更に倍増しますよ。ぜひ、受付でお声をかけてください。 

住 所   : 松戸市松戸714-1
電話番号  : 047-362-2050
開館時間  : 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日   : 月曜日(祝日の場合にはその翌日)、年末年始(12月28日から1月4日まで)
その他   : 庭から見よう戸定邸 毎月10日、20日、30日の原則月3回をお庭開放日とします。
※入館有料。ガイドの時期や時間について、詳細はホームページ等で事前にご確認ください。

009 (2) (1280x960)P3113404-800x600-300x225
写真/左:凛とした雰囲気香る雪の中の戸定邸  右:初春の戸定邸と戸定黄梅

戸定歴史館 公式ホームページ(松戸市)

※この記事は、2015年1月現在の情報です。

この記事を書いたライター(市民記者) 馬場 浩士

私は、現在、まつど観光大使、松戸市緑推進委員をしています、馬場浩士と申します。この度は、松戸の市民記者として、松戸のステキ!を取材し、多くの方たちと出逢い、それをお知らせして行きたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いいたします(^^)/
Facebookページ「まつど観光大使ババちゃんの観光だけじゃない《松戸愛》なページ」https://www.facebook.com/matsudo.baba1966
 ※馬場浩士さんは、2016年12月21日に永眠されました。安らかにとお祈りいたします。これまでラボの活動を一緒にしてくれたことに、心より感謝申し上げます。馬場さんが書いてくれたたくさんのステキな記事は、ラボのたからものとして残しておきたいと思います。