ラボの活動2018年10月2日

松戸の”やさしい”を聞こう!「やさしい暮らしインタビュー」2017年実施編!

いま、みんなにとって”やさしい暮らし”ってなんだろう。”やさしい街・松戸市”を見つけて、創って、伝えていく‥そんな活動を続ける「まつどやさしい暮らしラボ」。
ラボのさまざまな活動の中で、折にふれ行なっているのが「やさしい暮らしインタビュー」です。
“松戸で暮らすみなさんが感じている、松戸のやさしい”を知りたい!
そんな思いからスタートしたこのインタビュー、昨年の2017年度は秋に開催された2つのイベント「松戸まつり」「モリヒロフェスタ」で行いました。

まつどやさしい暮らしラボ・松戸まつり会場ブース(2017.10.8)

まつどやさしい暮らしラボ・モリヒロフェスタ会場ブース(2017.11.4)

ありがたいことに毎回大人気の「まつどやさしい暮らしラボ」ブース。お馴染みのピンクののぼり旗に、ブルーのTシャツで揃えたラボメンバーたちのもとに、またまた、たくさんの方が集まってくださいました。
 実施したのは、恒例の“「まつどは○○だからやさしい」を書こう!”
みなさんの考える松戸の“やさしい”を自由に書いてもらいました。

 小さなお子さんも、一生懸命書いてくれました!

ブースに遊びに来てくれたみなさん。ピンクとブルーからお好みのカードを選んで、マーカーの色を決めて。まつどのやさしさって何だろう・・?と思いをめぐらせます。
松戸にお住まいの方、市外から遊びに来た方、ご家族連れ・カップル・お友達同士etc.…
やっと字が書けるようになったばかりの小さなお子さんから、長年松戸に住んでいるという大ベテランの方まで、たくさんの方が書いてくれました。

その結果、記入してもらったカードの数は、松戸まつり121モリヒロフェスタ115!!
たくさんの松戸の“やさしい”が集まりました。

松戸のコレ知ってる!いくつある?

多くの方が写真撮影やホームページへの掲載もOKしてくださったので、ラボメンバー達もインタビューに、撮影に、大奮闘。
その間にも次々訪れるお客様たちに「松戸のコレ知ってる!」ボードで松戸の魅力もPR!

2回のインタビューを終え、集まった合計236のカードで、書かれた内容別に多かったものをまとめてみると‥
それぞれのイベントで、遊びに訪れていた客層の違いによるカラーなども出てきて、とっても興味深い結果になりました!

発表!“まつどは○○だから、やさしい。” 

「○○」に当てはまるものとして書かれたもので多かったのは…

 松戸まつり会場ブース(2017.10.8)

<松戸まつり>
1位  自然や公園       34票
2位  つながり・人・地元愛  28票
3位  祭り・イベント     14票
3位  楽しい         14票
5位  子育て環境       12票
6位  利便性・交通        9票
7位  福祉・医療         6票
その他             19票

 

モリヒロフェスタ会場ブース(2017.11.4)

<モリヒロフェスタ>
1位  自然や公園       51票
2位  利便性・交通      17票
3位  食・グルメ       16票
4位  つながり・人・地元愛  12票
5位  祭り・イベント     10票
6位  子育て環境         8票
その他             13票

1枚のカードにたくさんの松戸の魅力を書いてくださった方もいて、その場合は「複数回答」としてカウントしました。

みんなが教えてくれた“松戸のやさしい” 

どちらのイベントでも、第1位に輝いたのは“自然や公園”
「公園がいっぱい」「自然がきもちいい」「桜がきれい」など、都心に近いながらも自然が身近にあって、のんびり・のどかな空気がある松戸の住み心地の良さを“松戸のやさしさ”と感じている方が多いことがわかります。
特にモリヒロフェスタでは、21世紀の森と広場の豊かな緑や、その中で開かれるイベントを楽しんでいるという声がたくさん聞かれました。


つづいて第2位には、松戸まつりでは「周りの方があったかい」「楽しい人がいっぱい」など“つながり・人・地元愛”、モリヒロフェスタでは「通勤に便利」「電車がたくさん」「自転車で走りやすい」など“利便性・交通”がランクイン。
前回のやさしい暮らしインタビューでも多くの票が集まった、人のやさしさや、交通や買い物の便利さが、変わらず松戸の大きな魅力となっているようです。


第3位以降で特徴的だったのは、松戸まつりでは「お祭りがある」「イベントが多い」など“祭り・イベント”を、モリヒロフェスタでは「野菜がおいしい」「梨がおいしい」「ラーメンが大好き」など“食・グルメ”をあげる声が多かったこと。

歴史ある祭りのにぎわいや、おいしいものがたくさん集まる季節ごとのイベントを楽しめること、また、こだわりの生産農家さんや梨園などの採れたての味が味わえるのも、松戸暮らしの醍醐味ですね。

「松戸は楽しい!」と書いてくださった方もたくさんいました。


このほかランクインしたのは、“子育て環境”“福祉・医療”
安心して暮らせる“やさしい”街づくりへのさまざまな取り組みが、少しずつ浸透してきているように感じました。

各種のサポート団体や市民のみなさんの自発的な活動など、住んでいる人に元気やパワーがあることが松戸のやさしさの下地になっていると思います!


ほかにもいっぱい!多彩な松戸の魅力

ランキングではお見せできなくて残念ですが、実は“その他”にまとめた中には、松戸に住んでいるから・または松戸が大好きな人だからこそ知っているコアな松戸の魅力がいっぱい。例えば「歴史の里」「音楽がさかん」「スポーツがさかん」「オタクがいっぱい」「アート」などなど…
詳しくは今後それぞれの記事で、インタビューに答えてくださったみなさんの笑顔の写真とともに紹介していきますので、お楽しみに!
ラボのブースに足をとめ、インタビューにご協力くださったみなさま、ありがとうございました!

この記事を書いたライター まつどやさしい暮らしラボ 

「やさしい暮らし」について、みんなで考える。ちょっと変わったラボです。「研究対象」は、まつどの街。まつどと関わりのあるいろいろな人が、いっしょになって、街のあちこちにかくれている”まつどらしいやさしさ”を世の中に共有していきます。